柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会

MENU

このサイトの議事・資料等のPDFファイルをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。下記リンクよりダウンロードください。

地域の会とは

コンテンツリスト

柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会(『地域の会』)

 柏崎刈羽地域では、現に存在する原子力発電所と対峙して生活せざるを得ません。

それが事故なく稼働することは、個々の考え・主張の如何によらず、住民の最低かつ共通の思いです。

 『地域の会』では、発電所そのものの賛否はひとまず置いて、安全運転に係る事業者や行政当局の必要にして十

分な情報提供に基づき、発電所の安全について状況を確認し、地域住民の素朴な視線による監視活動を行うととも

に、必要な提言を行うことを目的に、平成15年5月に発足、設置趣旨に沿った様々な活動を行っています。


1.名称

柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会

2.発足日

平成15年5月12日(第1回定例会)

3.会長

桑原 保芳(平成27年5月1日現在)

4.事務局

公益財団法人 柏崎原子力広報センター